メンバー:研究員紹介

研究員紹介

湯田 恵美
  Lab Manager  湯田 恵美
  Emi Yuda, Senior Research Associate

研究員情報
担当プロジェクト
NEDOプロジェクト研究員
学位
修士(筑波大学)
所属学会
  • 情報処理学会
  • 自動車技術会
  • 生理人類学会
  • IT ヘルスケア学会
  • EAI (European Alliance for Innovation)
  • IEEE
研究歴
2013年~2014年  米サンタモニカ大学コンピュータサイエンス専攻 研究員
2015年~2016年  名古屋市立大学大学院経済学研究科 研究員
2015年~2016年  名古屋市立大学大学院医学研究科 NEDOプロジェクト研究員
2016年~2017年  内田水処理研究所 研究員(非常勤)
研究分野
  • コンピュータサイエンス
  • 情報セキュリティ
  • 知的財産
研究論文(学術雑誌)
  1. Emi Yuda, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Color Glasses during Morning Drive for Commuting: Effects on Autonomic Functions, Alertness, and Nocturnal Sleep, Journal of Environmental Science and Development (IJESD), in press.
  2. Emi Yuda, Yutaka Yoshida, Ryujiro Sasanabe, Haruhito Tanaka, Toshiaki Shiomi & Junichiro Hayano, Sleep stage classification by combination of actigraphic and heart rate signals, J. Low Power Electron., 7(4), 28, 2017
  3. Yuda E, Ogasawara H, Yoshida Y & Hayano J, Exposure to blue light during lunch break: effects on autonomic arousal and behavioral alertness., J Physiol Anthropol, Jul 11;36(1):30, 2017
  4. Yuda E, Ogasawara H, Yoshida Y & Hayano J, Enhancement of autonomic and psychomotor arousal by exposures to blue wavelength light: importance of both absolute and relative contents of melanopic component., J Physiol Anthropol, Jan 31;36(1):13, 2017
  5. Yuda E, Ogasawara H, Yoshida Y & Hayano J, Suppression of vagal cardiac modulation by blue light in healthy subjects., J Physiol Anthropol, Oct 5;35(1):24, 2016
  6. 湯田恵美,吉田豊,山田篤,早野順一郎:Fuchsiaカラーグラスによる心拍ダイナミクスのフラクタル性・複雑性の増加,生体制御学会誌, No.32, pp.58-61 (2017年6月)
  7. 湯田恵美,吉田豊,早野順一郎 : 身体活動度およびその日内変動と健康寿命の地域差:生体ビッグデータプロジェクト ALLSTAR, 生体制御学会誌 No.31, pp.31-37 (2016年6月)
研究論文(共著)
  • Junichiro Hayano, Yutaka Yoshida & Emi Yuda, Assessment of Flow Mediated Dilation by Pulse Wave Conduction Delay, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics (IJBBB), in press.
  • Junichiro Hayano, Emi Yuda, Yuki Furukawa & Yutaka Yoshida, Association of 24-hour Heart Rate Variability and Daytime Physical Activity: ALLSTAR Big Data Analysis, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics (IJBBB), Vol.8, No.1, 2018.
  • 早野順一郎,古川由己,吉田 豊,湯田恵美,生体信号ビッグデータ化プロジェクトALLSTAR -オープンデータ化の意義と課題-,情報処理学会 デジタルプラクティス(特集:オープンデータを活用した新しい社会), Vol.9, No.1, pp.73-93, 2018.
  • Hayano J, Yasuma F, Watanabe E, Carney RM, Stein PK, Blumenthal JA, Arsenos P, Gatzoulis KA, Takahashi H, Ishii H, Kiyono K, Yamamoto Y, Yoshida Y, Yuda E & Kodama I, Blunted cyclic variation of heart rate predicts mortality risk in post-myocardial infarction, end-stage renal disease, and chronic heart failure patients, Europace, pii euw222 (2016 Oct 26)
国際会議発表論文(国際会議プロシーディングス)
  • Emi Yuda, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Color Glasses during Morning Drive for Commuting: Effects on Autonomic Functions, Alertness, and Nocturnal Sleep, Proceedings of the 4th International Conference on Environment and Bio-Engineering (ICEBE 2018), pp.214-218, Jan 18-20, Tokyo, Japan (2018)
  • Junichiro Hayano, Yutaka Yoshida & Emi Yuda, Assessment of Flow Mediated Dilation by Pulse Wave Conduction Delay, Proceedings of the 4th International Conference on Environment and Bio-Engineering (ICEBE 2018), pp.200-207, Jan 18-20, Tokyo, Japan (2018)
  • Emi Yuda , Hiroki Ogasawara , Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Potential Cardiac Autonomic Derangement by Oscillatory OLED Light, Proceedings of the 24th International Display Workshops (IDW2017), Sendai International Center, Dec 6-8, Sendai, Japan (2017)
  • Emi Yuda, Akira Kurata, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Life Style Modification by Peer Monitoring of Physical Activity, Proceedings of the 14th EAI International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MobiQuitous) NGCom workshop, Melbourne, Australia, November 7-10 (2017)
  • Emi Yuda, Hiroki Ogasawara, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Comparison of Emotional Impacts of Interactions with Remote Controlled Plush Media and Those with Video Call Applications, Proceedings of the 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), October 24-27, Nagoya, Japan (2017)
  • Emi Yuda, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Blue Glasses Increase Your Alertness Effects of Colored Glasses on Psychomotor Performance, Proceedings of the 6th International Conference on Informatics, Electronics & Vision (ICIEV), University of Hyogo, September 1-3, Himeji, Japan (2017)
  • Junichiro Hayano, Emi Yuda, Yuki Furukawa & Yutaka Yoshida, Association of 24‐hour Heart Rate Variability and Daytime Physical Activity: ALLSTAR Big Data Analysis, Proceedings of the 2nd International Conference on Biomedical Signal and Image Processing (ICBIP 2017), Kyushu Institute of Technology, Graduate School of Engineering, August 23-25, Kitakyushu, Japan (2017)
  • Junichiro Hayano, Emi Yuda, & Yutaka Yoshida, Sleep Stage Classification By Conbination Of Actigraphic And Heart Rate Signals, Proceedings of the IEEE International Conference On Consumer Electronics Taiwan (IEEE 2017 ICCE-TW) , pp.389-390, National Taipei University of Technology, June 12-14, New Taipei City, Taiwan (2017)
  • Junichiro Hayano, Eiichi Watanabe, Yutaka Yoshida & Emi Yuda : ECG detection and risk-stratification of sleep apnea by the analysis of cyclic variation of heart rate, Proceedings of the 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, July 11-15, Jeju Island, Korea (2017)
  • Junichiro Hayano, Emi Yuda & Yutaka Yoshida, Novel Sleep Indicator of Heart Rate Variability: Power Concentration Index of High-Frequency Component, Proceedings of the 39th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, July 11-15, Jeju Island, Korea (2017)
  • Emi Yuda, Hiroki Ogasawara, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, EEG and Heart Rate Synchronization with Oscillating OLED Light, Proceedings of the International Behavioral Neuroscience Society (IBNS) 2017, Hiroshima, Japan, June 26-30 (2017)
  • Junichiro Hayano, Yutaka Yoshida & Emi Yuda, Characteristics of basal heart rate during daily life: Relationships with age, gender, and mean heart rate, Proceedings of the 11th EAI International Conference on Pervasive Computing Technologies for Healthcare (PervasiveHealth 2017), Barcelona, Spain, May 23-26, (2017)
  • Yuda E, Yoshida Y, Mizuno K, Urushihara H & Hayano J, Physical and Psychophysiological Impacts of GPS Labor Management in Nursing Home Workers, Proceedings of the 13th EAI International Conference on Mobile and Ubiquitous Systems: Computing, Networking and Services (MobiQuitous), pp.294, Hiroshima, Japan, November 28- December 1 (2016)
  • Yuda E, Furukawa Y, Yoshida Y, Hayano J & ALLSTAR Research Group, Association between Regional Difference in Heart Rate Variability and Inter-prefecture Ranking of Healthy Life Expectancy: ALLSTAR Big Data Project in Japan, Proceedings of the 7th EAI International Conference on Big Data Technologies and Applications (BDTA), Chung-ang University, Seoul, South Korea, November 17-18 (2016)
  • Yuda E, Furukawa Y, Yoshida Y, Hayano J & ALLSTAR Research Group, Ambulatory physical activity monitoring to know healthy life expectancy, Proceedings of the 8th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI2016), USB Paper No.P2-3, Osaka, Japan, November 1-3 (2016)
  • Hayano J, Yuda E, Yoshida Y, Ogasawara H & Watanabe E, Reduced cardiac response to sleep apnea and increased risk of mortality: Proceedings of the 8th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI2016), USB Paper No.Tu2-5, Osaka, Japan, November 1-3 (2016)
国際会議発表
  1. Hayano J, Yuda E, Ogasawara H, Yoshida Y & Watanabe E, Cyclic Variation of Heart Rate as a Marker of Therapeutic Effects in Patients with Sleep Apnea, Heart Rhythm 2016, 37th Annual Scientific Sessions, May 4-7, San Francisco Moscone Center, California, USA (2016)
  2. Junichiro Hayano, Emi Yuda & Yutaka Yoshida, The 12th International Congress of Physiological Anthropology: Health and Responsiveness: Understanding of Heart Rate Variability by Allostasis Theory, the 12th International Congress of Physiological Anthropology (ICPA), pp.41 October 27-30, Tokyo Bay Makuhari Hall, Chiba, Japan (2015)
国内学会発表
  1. 湯田恵美,倉田晃,吉田豊,早野順一郎,体位・体動との同時解析による自由行動下心拍変動による自律神経機能評価,第57回生体信号計測・解釈研究会・第3回バイオメディカル・ビッグデータ研究会,早稲田大学国際会議場,東京都(2017年12月)
  2. 早野順一郎, 吉田豊, 古川由己, 湯田恵美,心拍時系列ビッグデータに潜在するプライバシーリスク,第172回DPS・第26回SPT・第78回EIP合同研究発表会,海峡メッセ下関,下関市(2017年11月)
  3. 湯田恵美,吉田豊,小笠原宏樹,野田沙希,万澤真治,川原真,介護記録システムにおける機能語の共起性に関する分析及びコミュニケーション支援の提案,第172回DPS・第26回SPT・第78回EIP合同研究発表会,海峡メッセ下関,下関市(2017年11月)
  4. 湯田恵美,吉田豊,齋藤雅人,井上裕隆,塀内隆博,早野順一郎,就寝時の香りのマスクが自律神経に与える効果,第15回日本ヘルスプロモーション学会学術大会,順天堂大学医療看護学部 浦安キャンパス,浦安市(2017年11月)
  5. 湯田恵美,金川幸子,神谷朱美,加藤愛子,吉田豊,早野順一郎,青色カラーグラスの生体作用,日本生理人類学会第76 回大会,京都大学,京都市(2017年11月)
  6. 早野順一郎,吉田豊,湯田恵美,Heart rate turbulenceの評価に対する心室性期外収縮の出現時間帯の影響,日本時間生物学会学術大会,京都大学,京都市(2017年10月)
  7. 湯田恵美,吉田豊,早野順一郎,カラーグラスの精神運動パフォ-マンスへの影響:ブルーグラスは行動覚醒度を高める,日本時間生物学会学術大会,京都大学,京都市(2017年10月)
  8. 湯田恵美,吉田豊,早野順一郎,運転中の居眠りの生理学的特異性:心拍変動からみた就寝時の眠りとの差異,自動車技術会2017年秋季大会,学術講演会講演予稿集pp.1078-1080,グランキューブ大阪, 大阪市 (2017年10月)  [査読有]
  9. 湯田恵美, 古川由己, 吉田豊, 早野順一郎, 自由行動下 24 時間心電図ビッグデータ「ALLSATR」の生理学的 および臨床医学的価値, 情報処理学会第77回EIP研究会,新潟大学,新潟市(2017年9月)
  10. 湯田恵美,吉田豊,早野順一郎,心拍変動指標のリスク因子パターンと心疾患死亡率,FIT2017 第16回情報科学技術フォーラム,東京大学,東京都(2017年9月)
  11. 湯田 恵美,小笠原 宏樹,吉田 豊,早野 順一郎 : OLED Blue Light による心臓副交感神経活動の抑制 - OLED Orange Lightとの比較研究, 日本生理人類学会第75 回大会,千葉大学西千葉キャンパス,千葉市(2017年6月)
  12. 早野順一郎,渡邉英一,吉田豊,湯田恵美:周期性心拍数変動からみた睡眠呼吸障害の治療効果,第37回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(JASHNE37),プログラム・抄録集pp.49,京王プラザホテル,新宿区(2017年6月)
  13. 早野順一郎,吉田豊,湯田恵美:心拍変動の新しい睡眠指標:高周波数成分パワー集中度によるnon-REM睡眠の検出,第37回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(JASHNE37),プログラム・抄録集pp.52,京王プラザホテル,新宿区(2017年6月)
  14. 湯田恵美,吉田豊,齋藤雅人,井上裕隆,塀内隆博,早野順一郎:香りのマスクが睡眠時の自律神経活動に与える効果,IT ヘルスケア学会 第11回学術大会, ITヘルスケアVol.12, No.1, pp.155-156,国立病院機構名古屋医療センター,名古屋市 (2017年5月)  [査読有]
  15. 湯田恵美, 吉田豊, 小笠原宏樹, 早野順一郎 : 有機EL照明のやすらぎ効果, 自動車技術会2017年春季大会, 学術講演会講演予稿集pp.825-828,パシフィコ横浜, 横浜市 (2017年5月)  [査読有]
  16. 湯田恵美, 吉田豊, 小笠原宏樹, 早野順一郎 :ビッグデータから見た心拍変動リスク指標の冗長性,情報処理学会第79回全国大会,No.4, pp.511-512, 名古屋大学,名古屋市(2017年3月)
  17. 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田豊, 早野順一郎 : 振動するOLED照明の生理学的効果, 電子情報通信学会 有機エレクトロニクス研究会(OME), アイランドホテル浦島, 知多郡南知多町 (2017年1月)
  18. 早野順一郎, 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田豊 : 心拍数の非線形ダイナミクスにみられる周期の特異点, 電子情報通信学会 非線形問題研究会(NLP), 信学技報, Vol. 116, No. 353, pp. 45-48, 中京大学, 名古屋市 (2016年12月)
  19. 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田豊, 早野順一郎 : FuchsiaカラーのOLEDを用いた自律神経機能ビジュアリゼーション–パイロットサーベイ, 電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティクス研究会(MBE), 信学技報, Vol. 116, No. 342, pp. 61-64, 豊橋技術科学大学, 豊橋市 (2016年12月)
  20. 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田 豊, 早野順一郎 : フューシャレンズを用いた心拍1/fゆらぎの促進効果, 第14回日本ヘルスプロモーション学術大会, pp.50, 大分市コンパルホール, 大分市 (2016年11月)
  21. 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田 豊, 早野順一郎 : 心拍変動解析による青色OLEDを用いた自律神経活動と精神運動機能の覚醒評価, 第23回日本時間生物学会学術大会, pp.107, 名古屋大学, 名古屋市 (2016年11月)[査読有]
  22. 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田 豊, 早野順一郎 : 光色が心拍のフラクタルダイナミクスに与える影響:ピンクグラスを用いたパイロットスタディ, 人間工学会東海支部研究大会,pp.59-60, 名古屋市立大学, 名古屋市 (2016年10月)
  23. 湯田恵美, 吉田豊, 小笠原宏樹, 早野順一郎 : 照明による身体覚醒作用の青色OLEDに対する特異的感受性, 自動車技術会2016年秋季大会, pp.1745-1746, 札幌コンベンションセンター, 札幌市 (2016年10月)[査読有]
  24. 湯田恵美,吉田 豊,水野和夫,漆原治志,早野順一郎 : GPS 勤怠管理が介護労働者に与える心理的負荷, 電子情報通信学会 信学技報, Vol.116, No.20, pp.17-18, 愛知県立大学, 長久手市 (2016年9月)
  25. 湯田恵美,吉田 豊,水野和夫,漆原治志,早野順一郎 : GPS 位置情報勤怠管理が介護労働者に与えるストレス負荷の客観的評価, 生体医工学シンポジウム2016, pp.40, 大雪クリスタルホール国際会議場, 旭川市 (2016年9月)
  26. 湯田恵美,小笠原宏樹,吉田 豊,早野順一郎 : 有機EL照明の覚醒レベルに対する作用:青色光に対する特異的感受性, 第34回生体制御学会学術集会, pp.13, 名古屋市立大学, 名古屋市 (2016年8月)
  27. 湯田恵美,小笠原宏樹,吉田豊,早野順一郎 : 有機 EL 照明の色光による生体機能調節の可能性, IT ヘルスケア学会 第 10 回記念学術大会, ITヘルスケアVol.11, No.1, pp.124 (2016年5月)[査読有]
  28. 湯田恵美, 小笠原宏樹, 吉田豊, 早野順一郎 : 有機発光ダイオード照明の色光による心臓自律神経作用の差異, 電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティクス研究会(MBE), 富山大学, 富山市 (2016年5月)
  29. 湯田恵美, 坂野弘幸 : 医療系システム設計開発におけるRBAツールの応用: 問題点の抽出とオペレーションの必要性に関する予備調査 」電子情報通信学会ヒュマンコミュニケーション基礎研究会(HCS), 信学技報, Vol.115. No.471, pp.59-62, 山代温泉瑠璃光, 加賀市 (2016年3月)
  30. Hayano J, Yuda E, Ogasawara H & Yoshida Y, Organic electroluminescent blue light increases psychomotor and autonomic arousal level, 2016 JSAE Congress (Autumn), pp.1747-1749, Sapporo Convention Center, Sapporo, Oct 19-21 (2016)  [査読有]
  31. Emi Yuda, Hiroki Ogasawara, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Cardiac autonomic effects of colored lighting with organic light emitting diode (OLED),The 7th National Conventions of JSPA (Japan Society Physiological Anthropology), Japanese Journal of Physiological Anthropology, Vol.21-1, pp.58, June 4-5 (2016)  [査読有]
  32. Emi Yuda, Yutaka Yoshida, Junichiro Hayano & ALLSTAR Research Group, Nocturnal Life Style and Short Healthy Life Expectancy: Physiological Big Data Project, Allostatic State Mapping by Ambulatory ECG Repository (ALLSTAR), The 78th National Convention of IPSJ, March 10-12 (2016)
  33. Emi Yuda, Yutaka Yoshida, Junichiro Hayano & ALLSTAR Research Group, Regional Difference in Physical Activity is Associated with the Ranking of Healthy Life Expectancy among Prefectures in Japan, The 78th National Convention of IPSJ, March 10-12 (2016)
著書等
  • Emi Yuda, Yuki Furukawa, Yutaka Yoshida & Junichiro Hayano, Association Between Regional Difference in Heart Rate Variability and Inter-prefecture Ranking of Healthy Life Expectancy: ALLSTAR Big Data Project in Japan, Big Data Technologies and Applications (7th International Conference, BDTA 2016), pp.23-28, 2017
学術関係受賞等
  • JSAE認定エンジニア(2010)
  • 第74回情報処理学会全国大会 奨励賞(2012)
  • 第16回情報科学技術フォーラム FIT奨励賞(2017)
工業所有権
  • 汚水処理装置及び当該汚水処理装置を用いた汚水処理方法(特願2016-183856)
  • 睡眠状態の評価(特願2017-061892)
  • 心拍変動波形による眠気検出方法及び眠気検出装置(特願2017-100180)
  • 心拍による情動スペクトルの推定(特願2017-193092)
学会委員等
  • 情報処理学会 EIP研究会, 運営委員(2017.4〜)
  • ISO/SC 29 WG 11 Systems (MPEG) 小委員会 (2017.9〜)

吉田 豊
  研究員  吉田 豊
  Yutaka Yoshida, Research Engineer

研究員情報
担当プロジェクト
「知の拠点」プロジェクト研究員
学位
博士(経営情報科学)
論文名「心拍変動時系列による状態推定のための連続モニタリング手法の開発に関する研究」
授与機関:愛知工業大学大学院(2008年2月)
所属学会
  • 電気学会
  • 日本自律神経学会
  • 生体医工学会
  • IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers)
  • 看護人間工学部会
研究歴
2008年~2012年  名古屋市立大学院芸術工学研究科 研究員
2012年~2016年  名古屋市立大学大学院医学研究科 「知の拠点」プロジェクト研究員
2016年~                   名古屋市立大学大学院医学研究科 研究員
研究分野
  • 生体信号処理
  • 人間工学
  • 看護工学
  • 電気工学
研究論文(学術雑誌)
  1. Yutaka Yoshida, Emi Yuda & Junichiro Hayano, Synchronization between Respiration and Mastication Functional Coordination of Respiratory and Digestive Systems, International Journal of Bioscience, Biochemistry and Bioinformatics (IJBBB), in press.
  2. 吉田豊,湯田恵美,早野順一郎 : 携帯型心電図記録下でゴルフプレ-中に起きた熱中症発症に至る自律神経動態の分析,自律神経,Vol.54,No.1 pp.48-51 (2017年1月)
  3. 吉田豊,岩瀬敏,高田宗樹,西村直記,清水祐樹,佐藤麻紀 : 循環血漿量の変化が人工重力負荷時の重力耐性に及ぼす影響, 自律神経,Vol.51,No.2,pp.102-107 (2014年6月)
  4. 吉田豊,今井美香,桑原裕子,清水祐樹,西村直記,岩瀬敏,菅屋潤壹 ,横山清子,平井眞理,排泄姿勢を想定したValsalva負荷における心拍変動のパワ-スペクトル解析, 自律神経Vol.48,No.1,pp.44-47 (2011年2月)
  5. 吉田豊,横山清子,高田宗樹,岩瀬敏 : 心拍変動を用いた重力耐性の判別方法,電学論C,Vol.130,No.12,pp. 2095-2099 (2010年12月)
  6. 吉田豊,横山清子,石井直宏 : 周波数・パワ-の高速連続算出法を用いた息止め時における心拍変動解析, 電学論C,Vol.129,No.1,pp.1-7 (2009年1月)
  7. 吉田豊,横山清子,石井直宏 : 心拍変動時系列の極値の個数を用いた睡眠時呼吸周波数の簡易高速連続推定手法,電学論C,Vol.127,No.12,pp.1982-1987 (2007年12月)
  8. 吉田豊,横山清子,石井直宏 : 時系列の極値に基く心拍変動指標,電学論C,Vol.127,No.11,pp.1859-1864 (2007年11月)
  9. 吉田豊,横山清子,石井直宏 : 時系列の極値に基づく周波数推定法,形の科学会誌,Vol.21,No.3,pp.266-273(2007年3月)
  10. 吉田豊,横山清子,高田宗樹,岩瀬敏 : 階的重力負荷に伴う前失神時の心拍変動評価, 自律神経,Vol.43,No.6,pp.453-459(2006年12月)
  11. 吉田豊,横山清子,石井直宏 : 心拍変動時系列を用いた生体状態の実時間連続判定手法, 電学論C,Vol.126,No.12,pp.1441-1446 (2006年12月)
  12. 吉田豊,横山清子:心拍変動時系列からの呼吸関連パラメ-タの推定生体医工学会論文誌,Vol.43,No.3,pp.456-460(2005年9月)
  13. 吉田豊,横山清子,高田宗樹,岩瀬敏 : 段階的重力負荷に対する心拍変動と自律神経応答,自律神経,Vol.41,No.4,pp.431-438 (2004年8月)
  14. 吉田豊,横山清子,上原明彦,倉田千弘,高田和之 : 二次元自己回帰モデルを用いた心拍・血圧時系列解析,電学論C,Vol.123,No.5,pp.900-905 (2003年5月)
研究論文(共著)
  1. Kisohara M,Stein PK,Yoshida Y,Suzuki M,Iizuka N,Carney RM,Watkins LL,Freedland KE,Blumenthal JA & Hayano J,Multi-scale heart rate dynamics detected by phase-rectified signal averaging predicts mortality after acute myocardial infarction, Europace, Vol.15, No.3, pp.437-443 (2013)
  2. 桑原裕子,今井美香,吉田豊,清水祐樹,西村直記,横山清子,岩瀬敏,平井眞理,菅屋潤壹 : Valsalva負荷が循環動態と直腸内圧に及ぼす影響 ~仰臥位と座位における比較~,自律神経Vol.48, No.2, pp.48-55 (2011)
国際会議発表論文(国際会議プロシ-ディングス)
  1. Yutaka Yoshida, Emi Yuda & Junichiro Hayano,Synchronization between Respiration and Mastication Functional Coordination of Respiratory and Digestive Systems, Proceedings of the 4th International Conference on Environment and Bio-Engineering (ICEBE 2018), Jan 18-20, Tokyo, Japan (2018)
  2. Yutaka Yoshida, Akira Kurata, Emi Yuda & Junichiro Hayano,Development of Sleep-Wake Estimation Algorithm Using the Wrist Acceleration Sensor, Proceedings of the IEEE 6th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), Sep 24-27, Nagoya, Japan (2017)
  3. Yutaka Yoshida, Emi Yuda & Junichiro Hayano,Coordination of chewing rhythm and heart rate Proposal of methods for analyzing heartbeat synchronicity and heart rate modulation, Proceedings of The 2nd Asian Conference on Ergonomics and Design 2017 (ACED2017), pp.742-743, June 1-4, Chiba, Japan (2017) (人間工学 Vol.53, Supplement ('17))
  4. Yoshida Y, Furukawa Y, Ogasawara H, Yuda E, Hayano J & ALLSTAR Research Group : Effect of body posture on LF/HF in ambulatory ECG, Proceedings of the 8th International Workshop on Biosignal Interpretation (BSI), USB Paper No.P2-1, Osaka, Japan, November 1-3 (2016)
  5. Yutaka Yoshida, Yuki Furukawa, Hiroki Ogasawara,Emi Yuda & Junichiro Hayano : What Does LF/HF of Heart Rate Variability in Ambulatory Monitoring Mean? - Effect of Body Position during Monitoring, Proceedings of the 2016 IEEE 5th Global Conference on Consumer Electronics (GCCE), pp.214-215, Kyoto, Japan, Oct 11-14 (2016)
  6. Yutaka Yoshida,Kiyoko Yokoyama & Naohiro Ishii,Real-time Continuous Estimation of Respiratory Frequency during Sleep based on Heart Rate Time Series, Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society, pp.648-651 (2007)
  7. Yutaka Yoshida,Kiyoko Yokoyama & Naohiro Ishii,A New Measure for Evaluating Cardiac Autonomic Function using Extreme Points of R-R Interval Time Series, Proceedings of the 5th International Workshop on Biosignal Interpretation, pp.143-146 (2005)
国際会議発表
  1. Y Yoshida, H Ogasawara, E Yuda & J Hayano,What does LF/HF of heart rate variability in ambulatory ECG mean? Effect of time in lying position during monitoring, European Society of Cardiology (ESC2016), Rome, Italy, August 27-31 (2016)
国内学会・研究会発表
  1. 吉田豊,湯田恵美,早野順一郎,日常生活の身体活動量が睡眠中の自律神経活動と睡眠の質に与える影響,第2回臨床自律神経機能Forum,川崎市産業振興財団,川崎市(2017年11月)
  2. 山本健人,山田篤,野田沙希,湯田恵美,吉田豊,心電図R-R間隔の鍼刺激に対するインパルス応答: 経穴による差異,第2回臨床自律神経機能Forum,川崎市産業振興財団,川崎市(2017年11月)
  3. 吉田 豊, 湯田 恵美,早野 順一郎,激しいスポーツが睡眠中の自律神経活動に与える影響 -男子アマチュア・フットサルチームの心拍変動解析-,第25回看護人間工学会研究発表会,敦賀市立看護大学,敦賀市(2017年11月)
  4. 山本 健人,吉田 豊,野田 沙希,山田 篤,湯田 恵美, 鍼灸院におけるPersonal Health Recordシステムの現状と利活用に向けた一考察,情報処理学会第77回EIP研究会,新潟大学,新潟市(2017年9月)
  5. 湯田恵美,吉田豊,早野順一郎,心拍変動指標のリスク因子パターンと心疾患死亡率,第16回情報科学技術フォーラム講演論文集,第2分冊,pp.337-338,(2017年9月)
  6. 吉田豊,湯田恵美,早野順一郎,腕時計型脈波計を用いた睡眠時の心拍変動推定アルゴリズムの開発,第16回情報科学技術フォーラム講演論文集,第2分冊,pp.339-343,(2017年9月)
  7. 山本健人,吉田豊,湯田恵美,小笠原宏樹,野田沙希,山田篤,鍼刺激の自律神経に対する持続効果,生体制御学会第35回学術大会,予稿集pp.12,名古屋市立大学,名古屋市(2017年8月)
  8. 吉田 豊, 湯田 恵美, 小笠原 宏樹, 早野 順一郎 : Color Glasses 装着時の運転中における自律神経活動評価,電子情報通信学会 信号処理研究会(SIP),Vol. 117, No. 47, pp. 99-100,名古屋工業大学, 名古屋市 (2017年5月)
  9. 吉田 豊, 長橋 謙一, 石井 宏二, 湯田 恵美, 早野 順一郎 : 心拍変動時系列解析によるドライバの 眠気検知アルゴリズムの開発と有用性の検討, 自動車技術会2017年春季大会, 学術講演会講演予稿集pp.809-813,パシフィコ横浜,横浜市(2017年5月)
  10. 吉田 豊,湯田 恵美,古川 由己,早野 順一郎: Critical slowing downの兆候としての心拍ゆらぎのランダム成分の増加,第56回日本生体医工学会大会,抄録集pp.212,東北大学,仙台市(2017年5月)
  11. 吉田豊,湯田恵美,早野順一郎 : 心拍変動によって発症過程を追跡した熱中症の自律神経病態,電子情報通信学会 MEとバイオサイバネティクス研究会(MBE) ,Vol. 116, No. 342,pp. 59-60,豊橋技術科学大学, 豊橋市 (2016年12月)
  12. 吉田豊,舟橋修司,卜部健作,倉田晃,田中喜久人,大橋隼人,早野順一郎 : 腕時計型脈波計を用いた心拍変動推定ソフトウェアの開発,人間工学会東海支部研究大会,pp.59-60,名古屋市立大学,名古屋市 (2016年10月)
  13. 吉田豊, 早野順一郎 : 身体活動度と健康寿命~健康寿命の延伸を目指した日常生活下生体情報モニタリングとビッグデ-タの活用,あいち産業科学技術総合センタ-,2015年10月
  14. 吉田豊,早野順一郎 : Lorenz Plotを用いた心房細動検出アルゴリズムの開発,人間工学会東海支部大会,3A4,椙山女学園大学(2013年11月)
  15. 吉田豊,岩瀬敏,高田宗樹,西村 直記 : 循環血漿量が人工重力負荷時の心拍応答と重力耐性に及ぼす影響,Neurocardiology Workshop,6,東京ステ-ションコンファレンス(2012年7月)
  16. 吉田豊,鈴木麻理,木曽原昌也,川合清裕,横山清子,早野順一郎 : 自由行動下の3軸加速度センサ付きホルタ-心電計による身体活動に対する心 拍数応答解析,生体医工学シンポジウム,1-8-9,ビッグハット長野(2011年9月)
  17. 吉田豊,西村るみ子,増尾善久,桑原裕子,清水祐樹,岩瀬 敏,菅屋潤壹 : 呼吸法評価基準の検討における呼吸性洞性不整脈の心拍変動における意義,Neurocardiology Workshop,7,東京ステ-ションコンファレンス(2011年7月)
  18. 吉田豊,岩瀬敏,高田宗樹,西村 直記,佐藤 麻紀,横山清子 : 人工重力負荷における重力耐性と心拍数の関係,宇宙利用シンポジウム,L14,JAXA・横浜宇宙科学研究所(2011年1月)
  19. 吉田豊,横山清子,高田宗樹,岩瀬敏 : 人工重力負荷時の心拍変動と重力耐性との関連,自律神経学会,IA-7,横浜ワ-クピア(2010年10月)
  20. 吉田豊,横山清子,高田宗樹,岩瀬敏 : 心拍変動を用いた重力耐性の判別,Neurocardiology Workshop,I-7,東京ステ-ションコンファレンス(2010年7月)
受賞
  • 第2回自律神経学会 論文賞(2005)
  • 第4回自律神経学会 論文賞(2007)
外部資金
  • 2005年度 堀情報科学振興財団 研究助成金
    研究テーマ「心拍変動時系列を用いた生体状態のリアルタイム評価装置の開発」
    助成金:100万円
  • 2015年度 公益財団法人豊秋奨学会 海外渡航旅費助成
    研究テーマ「3軸加速度センサ内蔵ホルター心電図ビッグデータからみた身体活動量と健康寿命の関連」
    助成金:2,000$
資格等
  • 第3種電気主任技術者免許取得(第35-E6364号),(1999)
  • 第2種電気主任技術者免許取得(第39-E483号),(2003)
  • 実用数学技能検定準1級取得(K0529319431-149-J1-053),(2008)
  • ディジタル技術検定2級,制御部門,(40-2406430089),(2010)
  • ディジタル技術検定2級,情報部門,(44-2409930007),(2012)

小笠原 宏樹
  研究員  小笠原 宏樹
  Hiroki Ogasawara, Research Engineer

研究員情報
担当プロジェクト
共同研究
学位
修士(名古屋工業大学)
所属学会
  • 人工知能学会
  • 日本感性工学会
研究歴
2015年~                   名古屋市立大学大学院医学研究科 研究員
研究分野
  • 人工知能
  • 感性ロボット
  • 知能ロボティクス
研究論文(学術雑誌)
  1. 小笠原宏樹, 加藤昇平 : ユーザの行動選択傾向に応じた感性ロボットの性格付与, 日本感性工学会論文誌, Vol.15, No.1, pp.75-83 (2016)
国際会議発表論文(国際会議プロシーディングス)
  1. Hiroki Ogasawara & Shohei Kato,Character Giving Model of KANSEI Robot Based on the Tendency of User 's Treatment for Personalization", Smart Innovation Systems and Technologies, Intelligent Interactive Multimedia, Systems and Services-IIMSS 2012, Vol.14, pp.117-127, Gifu, Japan, May 23-25 (2012)
国際会議発表
  1. Hiroki Ogasawara & Shohei Kato,Characterizing Model for KANSEI Robot Based on the Tendency of Treatment from User, Proceedings of the 5th International Association of Societies of Design Research (IASDR 2013), pp.01D-3, Tokyo, August 26-30 (2013)
  2. Hiroki Ogasawara & Shohei Kato,Effect of mood transition for characterizing KANSEI robot reflecting the tendency of treatment from user, International Symposium on Artificial Life and Robotics (AROB 2015), Beppu, pp.GS13-1, January 21-23 (2015)
国内学会発表
  1. 小笠原宏樹,湯田恵美,吉田豊,早野順一郎,加藤昇平,会話エージェントにおけるロボット使用の有効性の考察,生体制御学会第35回学術大会,予稿集pp.12,名古屋市立大学,名古屋市(2017年8月)
  2. 小笠原 宏樹, 湯田 恵美, 吉田 豊, 早野 順一郎, 加藤 昇平: ユーザの行動選択傾向に応じて個性化された感性ロボットがユーザの自律神経活動に与える影響の考察, ITヘルスケア学会 第11回年次学術大会,ITヘルスケアVol.12, No.1, pp.108-109, 国立病院機構名古屋医療センター,名古屋市(2017年5月)
  3. 小笠原宏樹, 湯田恵美, 吉田豊, 加藤昇平 : ユーザの行動選択傾向に応じて個性化された感性ロボットがユーザに与える癒し効果の考察, 電子情報通信学会 環境電磁工学研究会(EMCJ), 信学技報, vol. 116, No. 370, pp.19-20, 名古屋工業大学, 名古屋市 (2016年12月)
  4. 小笠原宏樹,湯田恵美,吉田 豊,早野順一郎 : 感性ロボットのパーソナリティとコミュニケーション, 第34回生体制御学会学術集会, pp.12, 名古屋市立大学,名古屋市 (2016年8月)
  5. 小笠原宏樹, 加藤昇平:感性ロボットの個性化のためのユーザの行動選択傾向に基づく性格付与手法,第9回情報学ワークショップ (WinF2011), pp.87-92 , 豊橋技術科学大学, 豊橋市 (2011年11月) (奨励賞受賞論文)
  6. 小笠原宏樹, 加藤昇平:ユーザの行動選択傾向に応じた感性ロボットの性格付け, 第 25 回人工知能学会全国大会, pp.1E1-5,アイーナいわて県民情報交流センター, 盛岡市 (2011年7月)
  7. 小笠原宏樹, 加藤昇平 : ユーザの行動選択傾向に基づく感性ロボットの性格付与手法」 第 14 回 日本感性工学会大会, pp.A4-04, 東京電機大学,東京都 (2012年8月)
  8. 小笠原宏樹, 加藤昇平 : ユーザの行動選択傾向に応じて個性化された感性ロボットの印象評価, 情報処理学会第 171 回知能システム研究会・日本感性工学会第 3 回感性ロボティクスシンポジウム, pp.59-64, 名古屋工業大学, 名古屋市 (2013年3月)
受賞
  • 第 9 回 情報学ワークショップ奨励賞, November 25 (2011)