HBSL早野順一郎研究室(Hayano Bio-Signal Laboratory)について

研究室の紹介
HBSLのメインテーマは、生体信号の「ゆらぎの科学」です。
当研究室では、ゆらぎの生理学的および生物物理学的意義の解明から、その健康科学および医学への応用、さらにはゆらぎの分析を利用した 製品の開発を行っています。
現在の研究とプロジェクト
研究「長時間連続生体信号時系列による心血管疾患の予後予測のためのプログラム開発」、プロジェクト「Allostatic State Mapping by Ambulatory ECG Repository (ALLSTAR)」をはじめ、様々な研究・プロジェクトを実施しています。

ニューストピックス

2018/10/2
Photo」、「Member」、「研究員紹介」、「Lab Information」を更新しました
2018/9/30
論文がArtificial Intelligenceにアクセプトされました.
Yuda E, Furukawa Y, Yoshida Y & Hayano J.
Characteristics of basal heart rate during daily life: Influences of age, gender, and seasons. Artificial Intelligence 2018; in press
2018/9/30
論文がWireless Networksにアクセプトされました.
Yuda E, Kisohara M, Yoshida Y & Hayano J.
Constituent Factors of Heart Rate Variability ALLSTAR Big Data Analysis
Wireless Networks. 2018; in press
2018/9/30
論文がJ Exercise & Rehabilitationにアクセプトされました.
Yoshida Y, Yuda E, Yokoyama, K & Hayano J.
Evaluation of Nocturnal Heart Rate Variability for Strenuous Exercise Day using Wearable Photoelectric Pulse Wave Sensor. Journal of Exercise Rehabilitation. 2018 ;14(4):633-637; doi.org/10.12965/jer.1836321.156 [Open Access]
2018/9/19-21
第17回情報科学技術フォーラム(福岡市)にて研究報告をしました(湯田)
https://www.ipsj.or.jp/event/fit/fit2018/
2018/9/19-21
iCAST 2018 : Awareness Science and Technology(福岡市)にて研究報告をしました(湯田)
http://www.design.kyushu-u.ac.jp/~icast/
2018/9/14-15
生体医工学シンポジウム2018(名古屋市)にて研究報告をしました(吉田,木曽原,山本)
http://jbmes2018.web.nitech.ac.jp/
2018/9/13-14
情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP81)(岡山市)にて研究報告をしました(湯田)
2018/9/4-5
BDTA 2018 : 9th EAI International Conference on Big Data Technologies and Applications(エクセター)にて研究報告をしました(湯田)
2018/8/22-24
ICBIP2018 : Biomedical Signal and Image Processing(ソウル)にて研究報告をしました(湯田)
2018/6/28
Photo」、「Member」、「研究員紹介」、「Lab Information」、「BMBD」を更新しました
2018/6
論文がWorld Journal of Social Science Researchにアクセプトされました.
Junichiro Hayano, Kento Yamamoto, Yutaka Yoshida, Emi Yuda
Relaxing and Communication-Promoting Effects of Wooden Tableware at Workplace Social Gathering
World Journal of Social Science Research, Vol 5, No 3, pp.205-211 (2018)
ISSN 2332-5534 (Online)
DOI: http://dx.doi.org/10.22158/wjssr.v5n3p205
[Open Access]http://www.scholink.org/ojs/index.php/wjssr/article/view/1457
2018/6
論文がPhysiological Measurement (PMEA)にアクセプトされました.
Junichiro Hayano1, Kei Ohashi, Yutaka Yoshida, Emi Yuda, Toru Nakamura, Ken Kiyono and Yoshiharu Yamamoto
Increase in random component of heart rate variability coinciding with developmental and degenerative stages of life
Physiological Measurement, Volume 39, Number 5 (2018)
http://iopscience.iop.org/article/10.1088/1361-6579/aac007
2018/6
論文がJ Exercise & Rehabilitationにアクセプトされました.
Emi Yuda, Yoshifumi Moriyama, Toshihiko Mori, Yutaka Yoshida, Makoto Kawahara, Junichiro Hayano
Acute effects of endurance exercise on nocturnal autonomic functions in sedentary subjects: a pilot study
J Exercise & Rehabilitation, 14(1):113-117 (2018)
ISSN: 2288-1788
DOI: 10.12965/jer.1835202.601
[Open Access]https://www.researchgate.net/publication/323422640_Acute_effects_of_endurance_exercise_on_nocturnal_autonomic_functions_in_sedentary_subjects_A_pilot_study
2018/6/28-30
第38回日本ホルター・ノンインベイシブ心電学研究会(JASHNE38)(幕張市)にて研究報告しました(早野) 
http://jashne.ibmd.jp
2018/6/25-28
ICIEV 2018 (Informatics, Electronics & Vision (北九州市)にて研究報告しました(湯田)
http://cennser.org/ICIEV/
2018/6/21-22
The 2018 International Meeting for Future of Electron Devices, Kansai (京都市)にて研究報告をしました(山本)
http://www.ieee-jp.org/section/kansai/chapter/eds/imfedk/
 
2018/6/19-21
第57回生体医工学会(札幌市)にて研究報告をしました(早野,湯田,吉田)
http://www.c-work.co.jp/jsmbe57/
2018/6/16-17
第77回生理人類学会全国大会(福岡市)にて研究報告をしました(早野,湯田)
http://jspa.net/congress77
2018/5/31-6/1
情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP80)(横浜市)にて研究報告をしました(湯田)
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/event/eip80.html
2018/5/23-25
自動車技術会春季大会(横浜市)にて研究報告をしました(湯田)
http://www.jsae.or.jp/2018haru/
2018/5/19-21
IEEE International Conference On Consumer Electronics Taiwan (IEEE 2018 ICCE-TW)(台中)にて研究報告をしました(早野,湯田,吉田)
http://www.icce-tw.org/iccetw2018/
2018/4/11
Photo」、「Member」を更新しました